2009年09月30日

園芸療法ダイエット!!!

・ダイエットの新しい流れ

・園芸療法


 欧米では以前からホーティカルチュラル・セラピーという考え方があります。

 日本語でいえば園芸療法です。

 庭やベランダで植物を育てる、つまりガーデニングを行うことで心身の健康を増進させる方法。

 最近ではこれをさらに発展させ、園芸ダイエットなるムーブメントも起こってきました。

 たとえば庭の草むしりは、自転車でエクササイズするのと同じくらいのカロリーを消費し、苗の植え替えともなればテニスの半分程度の運動量に匹敵するともいわれます。

 しかし、最もメリットが大きいのは、単にエネルギー消費効果だけでなく、精神的に「ダイエット向きの心」を育てる点です。

 マサチューセッツ・ゼネラル・ホスピタルの研究結果によると太陽光を毎日2時間多く浴びることで、交感神経が活性化し、ノルアドレナリンという脂肪分解ホルモンの分泌量が増加します。

 同時に白色脂肪細胞(ゼイ肉)の中にあるタンパク質・UCPの働きを強めて脂肪の燃焼を促します。

posted by ひろぼう at 00:00 | Comment(0) | ダイエット雑学! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

ダイエット中の体脂肪率!!!

・体脂肪率のチェックのしかた


 ダイエット中に、定期的にチェックしてほしいのが体脂肪計です。

 とはいっても、体脂肪率の増減にドキドキするだけでは意味はありません。

 気にすべきなのが、「除脂肪体重」が落ちていないかどうかです。

 除脂肪体重とは、筋肉・骨・内臓など、脂肪以外の部分の重さのこと。

 これが落ちていくのは、間違ったダイエットのせいで筋肉が痩せつつある状態で、「太りやすい体質」への道なのです。
 

 ではここで、体脂肪計で測った体脂肪率をもとに、「除脂肪体重」を計算する式を紹介しておきましょう。

 体重×(100−体脂肪率)÷100

 これで求めた重さが減っていくようなら、間違った食事制限に加えて運動不足です。

 ちなみに体がむくんでいるときは、体脂肪計で測っても、正確な数値は出てきません。

 体内の水分が電気抵抗を下げるため、実際よりも甘い(体脂肪率が低い)結果が出てしまいます。

 同じ時間帯、同じコンディションで測るのが基本です。

 お風呂上がりなどが理想的です。

posted by ひろぼう at 00:00 | Comment(0) | ダイエット雑学! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

馬の脂のダイエット!!!

・馬の脂のダイエットパワー

 天高く馬肥ゆる秋。

 その馬が、健康食として肥満に対抗する効果を持っていることをご存じでしたか?

  日本でも昔から桜肉と呼ばれ、体が軽くなるとして忍者が常食していたとか。

 フランスとイギリスでは、食べても太らない肉として貴族の肥満防止に珍重されていたようです。

 その秘密は、どうやら馬の脂(マーユと呼ばれることが普通)に含まれる、アルファ・リノレン酸にあるのではないかと、最近の研究では考えられてきました。

 アルファ・リノレン酸には人間の血液中の悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる効果があります。

 それだけでなく、もう一つの効果にご注目。

 それは、体の脂肪を減少させるときにも、筋肉の量はきちんとキープしてくれる点にあるのです。

 これまでに何度も説明してきたように、脂肪を落としても筋肉は落とさないようにするのが正しいダイエットの基本です。

 まさに馬肉は、ダイエッターのための健康食と呼べます。

posted by ひろぼう at 00:00 | Comment(0) | ダイエット雑学! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

野菜でダイエット!!!

・旬のネギ活用のダイエット

 旬の野菜でダイエット、今回はネギ。

 この季節になると、美味しくなると同時に、有効成分も凝縮されてきます。

 独特の匂い成分であるアリシン、硫化アリルなどは、人間の交感神経を刺激して、副腎皮質ホルモン、アドレナリンの分泌を促します。

 なんとアドレナリンは、脂肪分解酵素のリパーゼを元気にさせるのです。

 その結果、体脂肪はじわじわ燃えて熱エネルギーに。

 しかも体温の上昇で、血液の中の中性脂肪も燃えやすくなるといった「脂肪分解のドミノ倒し効果」が期待できるというわけです。

 そんなネギを使ったダイエットメニューなら麻婆豆腐が最適です。

 トウガラシのカプサイシン効果も加わり、理想的な脂肪燃焼メニューです。

 まずはたっぷりのネギとトウガラシ、ニンニク、ショウガをみじん切りにして、豆板醤、お好みの挽肉と一緒に炒めて、中華スープと豆腐を加え、醤油で味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつければ出来上がりです。

posted by ひろぼう at 00:00 | Comment(0) | ダイエット雑学! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

最悪のダイエット方法!!!

・カロリーはどこまで制限できる?


 最悪のダイエット方法は、「無茶なカロリー制限」です。

 体重は減りますが、体はぼろぼろになります。

 肥満を克服したある作家は「とにかく絶食した」と言いますが、同時に「成功の秘訣は死を恐れないことで、他人には絶対にすすめられない」とも。

 では人が生きていくのに欠かせないカロリーは、どのくらいなのでしょうか?

  20代女性の場合の基礎代謝量は(生きていくために必要な1日のカロリー)体重×24Kcal。

 例えば体重50Kgの人なら、1日に50×24で約1,200Kcalが絶対必要量です。

 ただし、これはピクリとも動かずに安静にしていた場合です。

 実際には会社や学校にも行っている。

 その分を考えれば、基礎代謝量プラス400Kcal程度が必要になるはずです。

 食べる量がこれを下回ると、まずカラダは筋肉を落としてエネルギーとして使ってしまいます。

 すると結果的に体脂肪率ばかりが上がり、太りやすい体質へまっしぐらです。

 カラダを壊した上に、リバウンド太りという最悪の結果が待っています。

posted by ひろぼう at 00:00 | Comment(0) | ダイエット雑学! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。